千葉県市川市の歯周病なら岸田歯科口腔外科クリニックへ
HOME>全身疾患と歯周病

全身疾患と歯周病

全身疾患と歯周病
結論から言うと、歯周病になるような方は生活習慣が悪いのです・・・・・
糖尿病
糖尿病:歯周病菌が作る毒素が血管内に入り、血糖値を下げるインスリンを作りにくくします。
歯周病と糖尿病の関係

血糖値が上昇し、毛細血管がダメージをうけ、歯周病の進行も急速になります。
糖尿病は様々な合併症を引き起こします。

☆最近の研究では、歯周病治療によって、
糖尿病のデータが回復するという報告もあります。

心臓疾患
心臓疾患:コレステロール値が高い方などでは、歯周病菌が作る毒素が血管内に入り、血小板と結合して血栓(血液のかたまり)を作ります。
リスク向上

この血栓が・・・

心臓でつまると
: 狭心症  心筋梗塞
脳で詰まると
: 脳梗塞

となります。

重度の歯周病の場合、血栓形式のリスクは2倍以上です。
早産、低体重児
早産、低体重児:最近の研究では、「歯周病にかかっている妊婦」は早産や低体重児出産のリスクが高いといわれています。
お母さんと赤ちゃん

妊娠中はホルモンのバランス変化によって歯周病菌が増加します。
歯周病菌は、サイトカインという物質を出して、炎症を引き起こしますが、このサイトカインが子宮の収縮などを起こします。
歯周病妊婦の早産は、日本においては健常者の約5倍、アメリカ では、6~7倍のリスクとされています。
当院では、安定期に入ったところで月1回のクリーニングをお勧めし、多くの妊婦さんがケアをしています。

問い合わせ