千葉県市川市の歯周病なら岸田歯科口腔外科クリニックへ
HOME>ペリオブログ

ペリオブログ

舌磨きの必要性
歯周病も虫歯も細菌感染症であり、口の中の菌が少なく、病原性がない方がいい。

患者さんサイドとしては、歯をしっかり磨いているだけで十分という誤解があるようだが。。。
確かに充分なところあるが、大事なのは舌である。

最近は舌ブラシもよく売られているし、使っている人も多い。一日1回(特に寝る前)には磨いてほしい。専用のものでなくても歯ブラシで十分である。

口臭の原因は主に舌の汚れ(細菌とその分解産物)である。
投稿者 岸田歯科口腔外科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯周病と糖尿病 自己責任病でしょう。。。
歯周病と相性のいい病気に糖尿病がある。
糖尿病は生活習慣病の代表例であり、生まれつきインシュリンが出ないタイプでない場合は自己責任病だと思う。
甘いものやカロリーの高いものを不規則に食べれば、体もおかしくなるのが当然である。当然そんなタイプの人が歯を磨く可能性は低く(笑)。。で歯周病や虫歯になる。

はっきり言って歯周病も虫歯も自己責任病であると思う。

そのようなタイプの人に健康保険で治療ができてしまい、しっかり自分でやっている人はケアグッズや電動ブラシを自己負担で買っている。。。全く矛盾している。

しっかり磨いている人は歯周病や虫歯にならないのだが、税金や保険料を払っているという矛盾がある。本来なら問題のない人に補助金でも出して、口腔のケアをサポートすべきである。
逆に、タバコも吸う、生活も不規則なんていう場合は窓口3割負担でなく、5割以上にすべきだ。逆に綺麗な虫歯もない人は1割というような案はないのだろうか?医療費抑制につながりそうだが。。。
投稿者 岸田歯科口腔外科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
パーフェクトぺリオのホームケア
当院ではメインテナンス患者さんのホームケアにパーフェクトぺリオを応用している。もちろん診療室内での歯周病の短期集中治療や口腔外科処置や神経の治療などにも応用している。
ホームケアは、歯周病予防と虫歯予防がメインであるが、インフルエンザウイルスにも効果があるようだ。

主成分の活性化次亜塩素酸が歯周病菌や虫歯菌を溶菌してしまうのだ。味ははっきり言ってまずいが、効果は非常にある。良薬はまずいのだ。。。
患者さんは口の粘つきがなくなり、さっぱりすると言ってくれる。

ホームページや新聞をみて。。という患者さんも多く、わざわざ遠方からいらしてくれる。通販をしている歯科医院もあるようだが、やはり患者さんの口の中を診察しないと医療じゃないと考えている。

自分は歯周病ではないが(笑)、虫歯予防とインフルエンザ対策で使用している。実際ここ数年はひどいカゼなどひいていない。お勧めである。
1ヶ月で1本の使いきりである。
投稿者 岸田歯科口腔外科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯のない人の認知症約2倍!!
昨日の読売新聞の記事から。興味深い内容である。

厚生労働省の調査によると。。
①65歳以上で歯がなく、入れ歯もない人
②65歳以上で20本以上の歯がある人
で認知症の発生について比較検討がされた。4年間の追跡調査であるので、信用できるデータであろう。

これによると、自分の歯がなく、入れ歯も使ってないような場合は歯が20本以上残っている人の2倍の確立で認知症(介護が必要な)になるそうである。

当たり前のことだが、「物をしっかり咬んでいくと脳の活性が上がり、認知症になりにくい」ということである。

歯は大事な臓器であるという認識をもってほしい。
投稿者 岸田歯科口腔外科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
メインテナンスの重要性
当院はメインテナンス率が比較的高い診療所である。理想は100%にしたいが、なかなか難しい。

車に車検があるように、歯にも歯検が必要である。
歯は24時間使われ、強大な咬む力にも耐え、細菌や汚れと戦っているのである。本当にお疲れさまである。
車は車検を取らないと道を走れないが、歯は平気である(笑)

そこで歯検(メインテナンス)が重要なのである。基本は3~4ヶ月ごと、状態の安定している場合は半年に1回となる。

みな普段は歯に関心がないが、いざ悪くなると大騒ぎになる。普段からの定期的なメインテナンスによって早めの対応ができるので、トラブルも未然に防げるのである。是非歯科医院でメインテナンスを受けていただきたい。
投稿者 岸田歯科口腔外科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)